育毛剤の取り扱い方

育毛剤を取り入れることで、特に苦心せずとも育毛効果が現われると思い込んではいないでしょうか。

育毛剤は良好な頭皮環境を作り出すためのサポートをしてくれますが、誤ったヘアケアを行ってしまうと思ったより効果が出ないという事態に陥ってしまうので、手を抜かずに行う必要があります。

適切な育毛剤の取り扱い方は、入浴をする前に行うことがあります。

入浴30分前くらいから、頭皮に育毛剤をつけた状態にしておきます。
入浴をしたらすぐに、頭を蒸しタオルで包んで、毛穴が頭皮を温めることで開き出し、非常に深い位置に滞積した老廃物などを除去できるようにします。

3分以上の時間をかけて温めて毛穴を開いてから、シャンプーは丁寧に行うようにします。頭皮の汚れをなくするように、念入りにマッサージを施し、すすぎ残しに気を付けながらしっかり洗い流していきます。

シャンプーを行う時には、頭皮に悪影響を及ぼさないように指の腹でやさしくマッサージをするのがコツで、強く擦ってしまうのは良くありません。頭皮の汚れを取り除いたら、さらに育毛剤の力を借りるのですが、あくまでも頭皮につけることが大切ですので、髪への付着を避けていきます。

そしたらまたマッサージをしますが、育毛剤が染み渡るようにします。マッサージには薬剤を行き届かせることのみならず、頭皮の血流を促す作用もありますので、いい加減にならないようにしましょう。

カラーやパーマなどをかけた際、頭皮マッサージを受けたことがある女性は少なくないでしょう。同じようにして、大体5分を目安として円を描く動き、つまむような感じで頭皮をもみほぐします。

頭皮マッサージが正しく行えていれば、育毛剤の効果に少なからず良い影響があるようです。