男性の脱毛症と育毛剤

一般的に知られている男性の脱毛症には、壮年型脱毛症男性型脱毛症が存在しています。

男性型脱毛症は、前髪の生え際が後退したり、頭頂部の髪が極端に薄くなることで地肌が露出してしまう症状で、気が付かないほどゆっくり悪化します。

壮年型脱毛症の方は、男性型脱毛症のうち青年期から壮年期という早い時期に生じるとされていて、最終的には髪を失ってしまう人もいるようです。

男性型・壮年型脱毛症は共に、遺伝や男性ホルモンに関係しているといいますので、男性用の育毛剤にはそれを改善する成分を含んでいるものとなっています。

男性専用の育毛剤に配合されている成分で代表的なのが「ミノキシジル」なのです。「ミノキシジル」について言えば、数ある脱毛症の中でも頭頂部に見られる現象に効く成分で、頭頂部の他のところにはそれほど効果を期待することができないとされています。

これはアメリカで認可された成分で、「ロゲイン」「リアップ」といったような育毛剤に主に用いられています。

ちなみに、「ミノキシジル」は高血圧治療に使われる成分と位置づけられていましたが、高血圧の他に薄毛まで良くなってしまうという驚きの事態が起きたため、髪のトラブルを抱える人を対象に育毛剤として生まれ変わったのです。

このことから、育毛効果がもたらされる反面、低血圧などの症状が出たり、心臓や血管に大きな負担を与えてしまう危険性があるのです。

他にも、育毛剤の有効成分として広く知れ渡っているのが「プロペシア」なる成分です。
アメリカの製薬会社の手で「プロペシア」を育毛剤として生み出し、認可を受けたもので、現在では世界中で使われている育毛成分です。「プロペシア」は商品化される前は前立腺がんなどの治療薬でしたが、発毛効果がもたらされたという背景があります。

「プロペシア」は「ミノキシジル」とは異なり、強い副作用は出ないといわれてはいますが、女性となると話は別で、身体に大きな悪影響を及ぼすリスクがあるので、使うことは認められていません。